退職後に行う転職活動のメリット、デメリット

 退職してから転職活動を始める人において、そのメリット、デメリットが気になると思います。実際、退職後に転職活動を行う場合、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

メリット

 退職していると言う事で、時間を心配することなく転職活動を行う事が可能です。在職中の場合、今の仕事と時間を合わせる事が大変になってくる事もありますが、退職していると言う事で、企業の希望通りの日程で面接など受ける事が可能になってきます。また、急募においても対応する事が出来る事で、企業に歓迎されることがあります。

デメリット

 退職していると言う事で、その間の収入はありません。その為、生活費の負担が大きくなってくる事もあります。また、退職していると言う事で、退職理由は、退職している無職期間などについて聞かれることがあります。その場合、どのように答えるのか答えを準備しておく必要があります。

メリット、デメリットを踏まえて

 退職後の転職活動は、転職活動1本に力を入れ行動する事ができる点から言っても、ゆとりを持って転職活動を行う事ができると言う事が言えます。しかし、その反面、転職活動期間が長期化すればするほど、金銭的に苦労する事にもなってくる事を忘れてはいけません。