行動と気持ちを同じくらいに高めて転職

 私は一度、41歳に転職をしたことがあります。以前は営業マンとして働いていて、現在は専門職に就いています。営業として働いていた頃は、高給取りでした。しかしながら、お客さんに無理を言ったり、駆け引きを行ったりと、営業成績を上げることだけが目標でした。給料はよくなる半面、なぜこの仕事に就いたのかわからない状況もしばしばありました。入った当初は、自分が頑張れば頑張るほど、周りの人を幸せにできると思っていましたが、実際はそうではありませんでした。上司からは営業成績をつつかれ、好成績を出せば維持するように指示がありました。営業として働いているのだから悪い事ではありませんでしたが、仲良くなっていくお客様ばかりが協力してくれて、

<関連情報>
41歳の転職のアドバイス
41歳から転職を考えるならまずは転職サイトを探そう

 自分のスタイルが提供ではなくお願いになってしまった瞬間ふと疑問を抱いてしまいました。転職をしようと思ったきっかけは、前職が嫌だったからでは決してありません。綺麗ごとかもしれませんが、人のためになれるような職に再就職したいと思ったからです。再就職先は、当初、年収が3分の2に激減しました。しかし、努力を続け、成功を勝ち取るのは自分の行動力と言い聞かせ頑張っている結果、現在では納得のいく仕事と、全職よりも多い給料を手に入れました。今でも、何か行動を起こすなら強い気持ちが必要だと思っています。