在職中の転職活動のメリット、デメリット

 仕事を続けながら転職活動を行う人がほとんど。そんな、在職中においての転職活動には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

メリット

 在職中の転職活動の最大のメリットは、お金の確保です。転職活動期間でも生活費を確保する事が出来る事から、焦らず、じっくりと転職先を見つける事が可能です。また、在職中と言う事で転職先においても信用性が高く、確かな人材として評価してもらう事が可能です。

デメリット

 在職中と言う事で、時間管理が非常に難しくなってきます。仕事を続けながらの転職活動は想像以上に忙しい事も多く、面接などの日程調節が大変です。在職中と言う事で、いざ、転職先が決まっても、上司の引き留めにあってしまうなどと言った事もあります。その他にも、入社日と退社日の予定を合わせる事が難しい事もあります。

メリット、デメリットを踏まえて

 在職中に転職活動を行う場合は、以上のようなメリット、デメリットを踏まえて行う事が重要です。その上で、回避する事ができるデメリット考え活動を行う事が大切です。在職中と言う事を考慮してくれる企業を選び、勤務時間外に面接などを行ってもらうように調整してもらうなどと言った工夫をする事で、デメリットを回避する事ができるのです。